第3回芦屋病院英会話講座 テーマ「整形外科」

オンライン講座

講師:野村牧子

今回の受講者は7名でした(医師4名、放射線技師1名、看護師1名、事務1名)

講座数日前にテキストをお配りして受講者が予習できるようになりましたが、この試みが好評です!みなさん、お忙しいのにきちんと予習して出席されています。

 

今日のポイントは

1.painfulの使い方  2.numbness,  3.heal vs cure 違い

4.separated into~、keep weight off the leg

 

ロールプレイは2本行いました

A.「痛みの診察」

B.「足首を痛めた患者さんが来院しました・・・」

チャットルーム3つに分かれて行います。

 

受講生の皆さんが特に伸ばしたいとおっしゃるスキルはリスニングです。

毎回楽しみにされている様子です。

Mayo clinic “rheumatoid arthritis”を教材として使用しました。

 

3回目のオンライン講座で講師も受講者も少しずつ操作に慣れてきました。

(医療英会話講座講師  本田友香 記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です