第6回 芦屋病院英会話講座 テーマ「妊娠・出産・婦人科疾患」

今回のテーマは「妊娠・出産・婦人科疾患」です。

担当は野村牧子講師です。

出席者は4名。ZOOMにうまく接続できずに出席できなかった方もおられました。残念!

  1.  単語の確認  
    ・プリントにない単語を考えてもらう。
  2. 婦人科系疾患  

《子宮頸がん》    

  Sexually transmitted disease, exposed to,  immune system,  prevent …..from, survive 等。

《頻出動詞》

  Reduce,  develop,  revive,  protect, 等、医療英語に頻出する動詞の使い方確認。

3. Short Role-Play  【不正出血を訴える患者さんの診察・検査・診断】

ロールプレイ1-1:

  「出血がだらだら続く」⇒どのような言い方が出来るか?

  「痛みは日によって違う」⇒ 定番の言い方。

  「お腹が張る」「生理で無い時」などの表現。

ロールプレイ1-2

   Uterus/ Ovary/ menopausal disorder/ basal body temperature/  アンバランス→Imbalance

4.リスニング:【Fibroids treatment options】 Mayo clinic動画より 

5.「今日のポイント」を復習

次回、11月20日は長間恵講師による「腫瘍」です♪

(医療英会話講座講師  本田友香 記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です